立教大学社会デザイン研究所 大和ハウス工業株式会社寄付講座 文化の居場所を考える 21世紀の文化の容れ物-変容するビルディングタイプ

ソーシャルシアター、哲学カフェ、シェアオフィス、ハウスグランピング、公共空間の開放的利用、など
各々の伝統的ビルディングタイプが担っていた文化的背景とそれとは異なる空間デザインが登場した社会的変化、今後についてビルディングタイプごとに見ていくとともに、タクティカルアーバニズムのような、新しいデザインと使われ方を生み出す方法論についても紹介していく、ユニークかつ文理融合学際型テーマの講座を開催

21世紀の文化の容れ物-変容するビルディングタイプ

ソーシャルシアター、哲学カフェ、シェアオフィス、ハウスグランピング、公共空間の開放的利用、など
各々の伝統的ビルディングタイプが担っていた文化的背景とそれとは異なる空間デザインが登場した社会的変化、今後についてビルディングタイプごとに見ていくとともに、タクティカルアーバニズムのような、新しいデザインと使われ方を生み出す方法論についても紹介していく、ユニークかつ文理融合学際型テーマの講座を開催

#7:ビルディングタイプ 20世紀~21世紀

12月17日(月) 19:00~21:00

場所:立教大学池袋キャンパス11号館 2階 A203教室

当講座の大きなテーマであるビルディングタイプについて。
これからのビルディングタイプを考えていくために、
20世紀までのビルディングタイプ論から考えていく。
卓抜な建築論で知られる八束はじめ氏と五十嵐太郎氏の二人の建築批評家にお話し頂く。

コーディネータ五十嵐太郎
東北大学大学院教授
(建築史・建築批評家)

講師八束はじめ
建築家/批評家/芝浦工業大学名誉教授

プロジェクトメンバー

事業責任者中村陽一
立教大学21世紀社会デザイン研究科教授/立教大学社会デザイン研究所所長

プログラム・ディレクター髙宮知数
立教大学社会デザイン研究所 研究員

プログラム・アドバイザー

五十嵐太郎
東北大学大学院教授
(建築史・建築批評家)

西田司
建築家
オンデザイン代表・東京工業大学・東京理科大学・日本大学大学院・京都造形芸術大学非常勤講師・大阪工業大学客員教授

山﨑誠子
日本大学短期大学部
建築・生活デザイン学科准教授
(植栽家・ランドスケープデザイナー)

福岡直
大和ハウス工業株式会社
総合技術研究所
建築系技術研究室
建築ソリューショングループ グループ長

参加無料・予約不要講座

前期

#1:公園/広場

7月2日(月)18:30~

場所:立教大学池袋キャンパス7号館7101教室

1873年太政官布告から2017年P-PFIまで
日本の公園の150年

レポートはこちらから

講師町田誠
国土交通省 都市局
公園緑地・景観課 課長

モデレーター高宮知数
立教大学
社会デザイン研究所
研究員

ゲスト泉山塁威
東京大学先端科学技術研究センター助教/一般社団法人ソトノバ共同代表理事・編集長

#2:オフィス

7月9日(月)18:30~

場所:立教大学池袋キャンパス7号館7101教室

これからの働く空間について考える
 

講師羽鳥達也
株式会社 日建設計
設計部 部長

モデレーター西田司
建築家(オンデザイン代表・東京工業大学・ 東京理科大学・日本大学大学院・京都造形芸術大学非常勤講師・大阪工業大学客員教授)

ゲスト林宏昌
Redesign Work株式会社
代表取締役社長

Design Summer Camp 2018Design Summer Camp 2018

後期

#3:ホール/劇場/アートセンター

9月26日(水) 19:00~21:00

場所:立教大学池袋キャンパス11号館 2階 A203教室

コーディネータ高宮知数
立教大学
社会デザイン研究所
研究員

講師佐藤信
劇作家/演出家

ゲスト坂口大洋
仙台高等専門学校教授
(建築計画・文化施設運営)

#4:ミュージアム

10月15日(月)19:00~21:00

場所:立教大学池袋キャンパス11号館 2階 A203教室

ミュージアムの歴史・変容や、八戸市新美術館・京都市美術館・東京国立近代美術館等の最新の事例を参考に、美術館の空間作りに起因する外的要因について、佐藤慎也氏と西澤徹夫氏にお話し頂きます。講座後半は、五十嵐太郎氏を交え対談を行います。

コーディネータ五十嵐太郎
東北大学大学院教授
(建築史・建築批評家)

講師佐藤慎也
日本大学理工学部建築学科教授
(建築計画)

ゲスト西澤徹夫
建築家
(西澤徹夫建築事務所主宰)

#5:リノベーション

11月12日(月) 19:00~21:00

場所:立教大学池袋キャンパス11号館 2階 A203教室

リノベーションデザインの手法をいくつも創り出した馬場正尊氏に空間デザインに留まらない現在の活動について、また中村真広氏には「建築×不動産×テクノロジー」を融合させたハイブリッドな事業、“場の発明”を、社会へ普及させる取り組みにについてお話し頂きます。講座後半は西田司氏を交えこれからのリノベーションについて討論します

コーディネータ西田司
建築家
(オンデザイン)

講師馬場正尊
建築家(Open A)/東北芸術工科大学教授

ゲスト中村真広
株式会社ツクルバ代表取締役CCO/エグゼクティブ・プロデューサー

#6:シェア/サードプレイス

12月3日(月)19:00~21:00

場所:立教大学池袋キャンパス4号館 3階 4342教室

シェアの空間を多数手がけ、誰もが自然に楽しくかかわって行けるシェアを「デザインする」猪熊純氏、日本三大寄せ場、釜ヶ崎にて喫茶店や釜ヶ崎芸術大学といった場所を運営する、上田假奈代̪氏にお話し頂き、講座後半は中村教授を交えこれからのシェア・サードプレイスについて討論します。

コーディネータ中村陽一
立教大学21世紀社会デザイン研究科教授

講師猪熊純
建築家(成瀬・猪熊建築設計事務所)/ 首都大学東京助教

ゲスト上田假奈代
NPO法人「こえとことばとこころの部屋(ココルーム)」代表

#7:ビルディングタイプ 20世紀~21世紀

12月17日(月) 19:00~21:00

場所:立教大学池袋キャンパス11号館 2階 A203教室

当講座の大きなテーマであるビルディングタイプについて。
これからのビルディングタイプを考えていくために、
20世紀までのビルディングタイプ論から考えていく。
卓抜な建築論で知られる八束はじめ氏と五十嵐太郎氏の二人の建築批評家にお話し頂く。

コーディネータ五十嵐太郎
東北大学大学院教授
(建築史・建築批評家)

講師八束はじめ
建築家/批評家/芝浦工業大学名誉教授

#8:居場所

1月11日(金)19:00~21:00

場所:立教大学池袋キャンパス11号館 2階 A203教室

コーディネータ山﨑誠子
日本大学短期大学部建築・生活デザイン学科准教授
(植栽家・ランドスケープデザイナー)

ゲスト平田晃久
建築家/京都大学教授

ゲスト五十嵐太郎
東北大学大学院教授
(建築史・建築批評家)

まとめ公開シンポジウム 2019年1月末予定

お問い合わせ

立教大学 社会デザイン研究所

寄付講座・文化の居場所事務局
(月、水~金 11:00~18:00)
TEL/FAX:03-3985-4725
MAIL:ibasyo-kouza@rikkyo.ac.jp