立教大学社会デザイン研究所 大和ハウス工業株式会社寄付講座 文化の居場所を考える

DesignCamp 2020 研究会

今年は新型コロナウイルス下の状況を踏まえ、横浜若葉町WHARFをライブ会場としながら、オンラインを活用し、全国からも参加できる、ハイブリッド形式での研究会を行います。今年の研究会においては、「ポストコロナワールド、新常態の生活様式を意識しながら、空間デザインと社会デザインがどうなっていくのか」を共通テーマとしながら、空間デザインと社会デザインごとに、各3回の研究会を開催します。

研究会にあたって

プログラム・ディレクター高宮記

最近始まったドラマに,事故で意識を失った10歳の少女が25年間ぶりに目を覚ますというものがあります。今から25年前は、ちょうど阪神淡路大震災と地下鉄サリン事件が発生し、Windows95が登場した年です。もし本当にこの年からいきなり今年にジャンプしたら、この25年間は少女で無くてもついて行けないほど大きな変動期だったと思います。そして今年2020年、COVID-19以前と以後で、世界は大きく変化しはじめています。

私たちの多くは,この春から夏にかけて、外出制限と在宅を余儀なくされ、そんな中もちろん前世紀昭和のオイルショック時と同様のデマによる買い占め、品切れ、値上がり等も発生しましたが、その主戦場は、スーパーではなく、インターネット上でした。そしてネットとAIの普及により、海外の著名な思想家たちのCOVID-19に関する言説をリアルタイムでAI翻訳されて家にいながらスマホで受け取ったり、ウェビナーによってオンラインのセミナーに参加したりすることを気軽に出来るようになりました。

その意味で25年前にWindows95によって、インターネット利用が一般化したのと同様に、今回のCOVID-19以降の世界は、リモートワークやオンラインミーティングが一般化し、それに伴う生活様式も大きく変化するでしょう。例えば、リモートワークにより通勤定期支給が無くなれば、休日に都心に出掛けるのを止め、自宅近辺での楽しみを見いだすことが増えることなどだけでも、生活者だけでなく、鉄道事業者の商業施設戦略、沿線の事業者に大きな変化をうむでしょう。このように時間、距離の変化は住宅からオフィスから様々な公共施設、更には人々の生活様式にまで大きな変化をうむきっかけとなるでしょうし、今から25年後は,簡単には想像もつかない変化が起きているでしょう。

しかし、一方で、ネット、デジタル、サイバーの普及、時間距離の消失とは、本当はどういうことなのでしょうか。

ハイデガーは70年前の講演で既にこう述べていました。「時間上、空間上の距離は、既に収縮しつつあります。」しかし、彼が同時に提起したように「どれほど長い間隔をどんなに短い隔たりに縮小したとしても,近さがいっこうに現れないとしたら、近さとは何でしょうか。・・・距離をごっそり除去したはずなのに、全てが同じように近く,かつ遠いとすれば、この同形で画一的なものは何でしょうか。そこでは、全てが遠くも近くも無く、いわば隔たりを失っているとすれば。」(M.ハイデガー「物」講談社学術文庫『技術とは何だろうか』16-17p所収)

今回の研究会では、COVID-19による、あるいはCOVID-19が後押しする空間や社会の変化、そこに求められるデザインを考えていきます。そこではオフィスや住宅などへの直接的具体的なニーズの変化から、それらの背景にある人々の生活意識や行動様式の変容、更にはその根底にあるより長期的で大きな社会や価値観の変動までを視野に入れることで、一過性のマーケットやニーズでなく、中長期的な事業や社会のトレンドを考えていきたいと思います。

シリーズ「空間デザインの行方」(全3回)

空間あるいは空間デザインについて、3つの視点から考えていきます。ひとつめは空間のナカ(中味)、あるいは空間デザインとナカミの関わり方について。2番目は、ソト(外部)、COVID-19以前から大きな流れとなっている、アウトドア空間とその活性化について。最後に、空間デザインそのもの(=ウツワ)について。

11月5日 13:00-14:30 空間デザイン①(ナカ)
「事業に越境する/事業から考える空間デザイン」

講師槻橋修
建築家(ティーハウス)
神戸大学大学院准教授

講師西田司
建築家
(オンデザイン)東京理科大学理工学部准教授

コーディネーター髙宮知数
立教大学社会デザイン研究所 研究員
11月6日 13:00-14:30 空間デザイン②(ソト)
「屋外空間の変容 新しい生活様式でのソトは加速か衰退か」

講師西田司
建築家
(オンデザイン)東京理科大学理工学部准教授

講師山﨑誠子
日本大学短期大学部
建築・生活デザイン学科准教授
(植栽家・ランドスケープデザイナー)

コーディネーター髙宮知数
立教大学社会デザイン研究所 研究員
11月7日13:00-14:30 空間デザイン③ (ウツワ)
「緑・外構から見た建築デザインの変化と行方-これまでの30年、これからの30年」

講師五十嵐太郎
東北大学大学院教授
(建築史・建築批評家)

講師山﨑誠子
日本大学短期大学部
建築・生活デザイン学科准教授
(植栽家・ランドスケープデザイナー)

コーディネーター髙宮知数
立教大学社会デザイン研究所 研究員

シリーズ「社会デザインの行方」(全3回)

社会あるいは社会デザインについて、3つの視点から考えていきます。一つ目は都市、2つ目は地方、3つめは世界あるいは地球。それぞれ様々な課題と可能性を抱えていますし、互いに深く関連しています。このため、補助線として、ⅰサードプレイス、ⅱマルチハビテーション/パラレルライフ、ⅲSDG’sというキーワードから紐解いていきます

11月5日 18:30-20:00 社会デザイン①(都市)
「新しい生活様式でのサードプレイス -課題と可能性」

講師梅本龍夫
立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科客員教授

講師高宮知数
立教大学社会デザイン研究所研究員
11月6日 18:30-20:00 社会デザイン②(世界)
「SDG’Sとまちづくり」

講師中村陽一
立教大学21世紀社会デザイン研究科教授、社会デザイン研究所所長

講師広石拓司
(株)エンパブリック 代表取締役
11月7日18:30-20:00 社会デザイン③(地方)
「ノマド/マルチハビテーション/パラレルライフ 変わる地方とまちづくり」(青森より配信)

講師西秀記
青森商工会議所 副会頭

講師中村陽一
立教大学21世紀社会デザイン研究科教授、社会デザイン研究所所長

講師三尾幸司
社会デザイン・ビジネスラボ 事務局長

参加方法

11月プログラムはオンライン配信にて行います。

参加希望者は該当プログラム前日までにこちらより(Googleフォーム)ご応募下さい。

ご登録頂いたメールアドレス宛に、最新の情報や参加方法のご案内をお送りさせて頂きます。

アーカイブ

トップページに戻る

お問い合わせ

立教大学 社会デザイン研究所

寄付講座・文化の居場所事務局
(月、水~金 11:00~18:00)
TEL/FAX: 03-3985-4725
MAIL: ibasyo-kouza@rikkyo.ac.jp