立教大学社会デザイン研究所 大和ハウス工業株式会社寄付講座 文化の居場所を考える

ポストコロナの街づくり
街のツボを考える
LABO型ワークショップ

街を観察して、変化を採集し、みんなで記述するリサーチワークショップ

私たちはコロナによって今までにない環境の変化を強いられました。毎⽇の⽣活リズムは⼤きく変化し、学校や職場など⼀⽇の⼤半を過ごしていた場所へ⾏けなくなり、平⽇だけではなく週末を過ごす場所にも⼤きな変化があったはずです。
コロナの前後でまちがどう変わったか、街を観察して、変化を採集し、みんなで記述するリサーチワークショップを開催します。コロナを経験したからこその、私たちの⽣活や都市空間の中での変化、都市と郊外での違 いや、それぞれの⽣活の中での気づきを共有します。
ワークショップはすべてオンラインで開催します。
参加者が離れた場所にいるからこそ、他都市との⽐較が可能となります。
採集する内容の体系化、類型化、バラバラな情報をみんなでまとめていき、⼤きな知⾒を得るプロセスを体験できます。
最終的には、ポストコロナの変化を俯瞰的に眺めることができるような体系的な描きおこしを⾏い、新しい街のアウトプットを試みます。また、それらを『ビルディングタイプ学 ⼊⾨』(誠⽂堂新光社)の続編に掲載します。

これまで私たちの⽣活や、都市空間を形づくってきた様々な要素̶境界・バリア・制度etc̶のあり⽅についてみんなで議論し、再考していくきっかけをつくることを⽬指しています。

講師

廣岡周平
建築家(PERSIMMON HILLS architects) 

柿木佑介
建築家(PERSIMMON HILLS architects) 

永田賢一郎
建築家(YONG architecture studio)

冨永美保
建築家(tomito architecture)

他、ゲスト講師

事前配信レクチャー

ワークショップ開催にあたり、11月プレオリエンテーションとしてレクチャーを行いました。下記より視聴できます。

①ポストコロナの街づくり 
-街のツボを考える−

②ポストコロナの街づくり 
−街のツボを考える−

準備中

③ワークショップ開催にあたって

④ポストコロナの街づくり 
−街のツボを考える−

準備中

概要

スケジュール

2021年2⽉24⽇(⽔) ~3⽉31⽇(⽔) 計6回開催
※チーム制のため都合の合わない日程については参加調整可能としますが、可能な限り全てのスケジュールに参加して下さい。

キックオフ 2⽉24⽇(⽔) 9:00~12:00
ワークショップ内容説明+⾃⼰紹介(⽒名、年齢、居住地、興味など)
labo① 3⽉3⽇(⽔) 13:00~17:00
採集素材の発表会1 編集⽅法の議論+レクチャー
labo② 3⽉10⽇(⽔) 13:00~17:00
採集素材の発表会-2 編集⽅法の議論
labo③ 3⽉17⽇(⽔) 13:00~17:00
採集素材の中間発表 編集⽅法の議論
Labo④ 3⽉24⽇(⽔) 13:00~17:00
採集素材の発表会-3 編集⽅法の議論
クリティーク(公開) 3⽉31⽇(⽔) 13:00~16:00
最終発表会

会場

オンライン(ZOOMを使用予定)

募集⼈数

20名 /5名x4チーム(先着順・無料)

募集期限

2021年2⽉20⽇まで

募集⽅法

> 申し込みはこちら

トップページに戻る

お問い合わせ

立教大学 社会デザイン研究所

寄付講座・文化の居場所事務局
(月、水~金 11:00~18:00)
TEL/FAX: 03-3985-4725
MAIL: ibasyo-kouza@rikkyo.ac.jp